MENU

頭頂部ハゲ・薄い女性の原因と対策

 

usugetaisakusan

頭頂部が薄い原因を知りそれに対策していくことが頭頂部を改善する近道

 

分け目が広くなったような気がする、オデコが広くなってきた気がする、つむじが気になる、このように頭頂部に髪の毛のボリュームがなくなり薄さを感じるのは、びまん性脱毛症や女性性男性型脱毛症の可能性が高いと言えます。

 

ただし治らない脱毛症ではないため適切な対策を施すことで、急にはよくなりませんが、少しづつ改善されていくのは間違いありません。

 

 

まずは脱毛症の原因を知る

 

改善策を知る前に、その脱毛症について少し知っておきましょう。

 

びまん性脱毛症とは女性特有の脱毛症で頭部全体が薄くなったり、髪の毛が痩せてしまうことで頭部が薄く見えることを言います。

 

次に女性性男性型脱毛症は男性同様に頭部の比較的頭頂部あたりに髪の毛の薄さを感じる女性版男性型脱毛症です。

 

頭部をはちの部分で上下に分割すると、頭頂部の方は男性ホルモンが影響しやすい箇所、ハチ下の方は女性ホルモンが影響しやすい箇所になるので頭部に薄さを感じるのは比較的頭頂部に多いとされています。

 

この両者の脱毛症の共通点は女性ホルモンが大きく関係しています。

 

 

女性頭頂部ハゲは加齢が原因

 

加齢が原因で女性ホルモンが減少してくることはご存知でしょうか?特に30代や40代を境目に徐々に女性ホルモンが減少していきます。特に出産を経験した方は女性ホルモンの急激な減少によって産後脱毛症の経験があるかと思います。それと似た原因となります。

 

具体的には加齢によって女性の中の女性ホルモンが徐々に減少していきます。更年期生涯が中高年女性に多いのもこのためだと言われています。

 

女性の中にも女性ホルモンと男性ホルモンの2種類が存在しますが、女性ならばもちろん女性ホルモンが優勢に活動しています。およそ男性ホルモンの10倍の分泌量と言われています。

 

しかし、女性ホルモンが減少していくことで女性ホルモンと男性ホルモンの優位性が小さくなり、女性の頭部も男性ホルモンの影響を受けてしまいます。

 

この影響で髪の毛が薄くなることがびまん性脱毛症や女性性男性型脱毛症ということになります。

 

 

女性頭頂部ハゲは栄養不足が原因

 

女性の頭頂部が薄くなる原因の一つに栄養不足があげられます。栄養不足で思いつくのがダイエットです。特に食事制限によるダイエットは女性ホルモンが減少している時に行うのはとても危険です。

 

頭部というのは体の中の末端の部分にある為ただでさえ血流が行きづらく頭部への栄養素が不足気味になりがちです。

 

それがダイエットによってより栄養が届かなくなることで余計に薄毛を進行させてしまうおそれがあります。ダイエットによる食事制限は女性ホルモンが減少しているのに対して追い打ちをかけてしまう行為です。

 

usugenaotta

女性頭頂部ハゲはストレスが原因

 

もうひとつの原因にストレスがあります。ストレスを溜めてしまうと自律神経に支障が出てしまいますので、女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。女性ホルモンは髪の毛の生成に大きな影響がある為、この女性ホルモンが減少してしまうということは髪の毛が生成しづらい頭皮環境になってしまうということです。

 

また自律神経は、ほかのホルモンバランスにも影響を与えてしまいます。成長ホルモンはいくつになっても分泌しています。ただし分泌量はだんだんと歳とともに減っていきます。

 

そしてこの成長ホルモンも細胞の細胞分裂を促すホルモンの一種です。そして髪の毛は細胞分裂がものすごいスピードで行われているために髪の毛が伸びるのです。という事は成長ホルモンの分泌が妨げられると髪の毛の成長も鈍化してしまうということになってしまいます。

 

 

女性頭頂部ハゲの具体的な改善例

 

頭頂部の薄さが気になったならば上記のような理由が主な原因となります。という事はこれらを改善していけば良いのです。

 

1 女性ホルモンを減少させない

 

自分で対策するのは少し難しいですが、例えば普段の女性ホルモンに良いとされる食べ物やホルモン注射やサプリメントなどで女性ホルモンの活動を活発にしてあげます。

 

2 無理なダイエットはしない

 

ダイエットをするのであれば運動が最適です。特に有酸素運動がいいです。
有酸素運動をすることで体の新陳代謝を活性しますので成長ホルモンを刺激し多く分泌させることができます。また代謝が上がると細胞分裂も活性しますので髪の毛への影響もよくなります。

 

3 ストレスを溜めない

 

どのような病気に対してもそうですが、ストレスが薄毛のトリガーとなってしまうことが多々あります。円形脱毛症などもストレスが原因と言われています。このようにストレスは薄毛はもちろん体の不調に大きく影響してしまいます。

 

4 頭皮に十分な栄養を与える

 

頭皮は体の中でも血流が届きにくい上の方の末端にあるので、髪の毛が薄くなりやすくなってしまいます。特に代謝の落ちてくる中高年期は頭部への届く栄養が少なくなってしまうため、髪の毛が薄くなってきたなと思ったら直接頭皮への栄養を与えるのも一つの薄毛対策と言えるでしょう。

 

この4点に気をつけてさえいれば頭頂部の薄毛というのは改善されていきます。

 

 

女性頭頂部ハゲは日頃の生活習慣で良くなる

 

ようするに薄毛というのは普段の生活習慣が大きく関係してくるのです。日頃からこの様な問題点を意識して生活を送っていけば意外と簡単に頭頂部の薄毛は改善されていきます。

 

ただしすでに薄毛が進行しているのならば、この方法は時間がかかる方法です。もっと早く改善などをしていきたいと思うのであれば女性用の育毛剤などを補助的に使用していくのも良いでしょう。

 

薄毛に効果的とされる意外な食べ物

 

 

髪にはどんな食べ物を摂取する事が1番良いのか。
意外と知られていないのが納豆やアーモンド、更にミカンです。
髪にはワカメなどの海藻類が良いのではないのか。
と思われているかもしれませんが、実は全く根拠がない迷信なのです。
髪の主成分はたんぱく質であり、たんぱく質を多く摂取し、それを髪の方へ持っていく事で髪にも大きな影響があるとされています。
そんな摂取したたんぱく質を髪に変えてくれるのが亜鉛という成分です。
薄毛は亜鉛不足が原因。とも言われていたりして、亜鉛は薄毛の人にとってはとても大事な成分です。
そんな亜鉛が多く含まれているのがアーモンド、更にピーナッツ類です。
なので薄毛対策にはこまめにアーモンドやピーナッツを食べると良いでしょう。
おつまみとしても気軽に購入出来ますし、少しずつ食べられるのでお菓子感覚で食べて薄毛対策をするというのもアリです。

 

若いうちから禿げてきている。なんて人には納豆がかなり効果的な食べ物です。
納豆の大豆にはイソフラボンが入っています。
そのイソフラボンが、男性ホルモンのテストステロンという成分を抑えてくれる働きがあり、若いうちからの薄毛予防にもなります。
大豆なのでもちろんたんぱく質も豊富に含まれており、その成分によって髪を作る素材も摂取できます。
更に納豆はかなりの低コストで経済的にもお得にもなります。
朝ごはん時や夜にちよっと食べるだけでもかなり効果高いので、とても良い薄毛対策食品です。
そして薄毛に効く意外な食品の中でも特に驚かされるのがミカンです。
ミカンには血管を広げる効果があり、それによって栄養素を毛根の隅々まで行き渡らせる事が可能です。
せっかく摂取した栄養素なのに髪の隅まで行かないなんて髪にとっては無駄になりますからね。
更にミカンには髪の大敵である5αリダクターゼを抑えてくれる働きもあります。
納豆やピーナッツ、アーモンドなどで摂取したたんぱく質、亜鉛などの栄養素をミカンの働きによって毛根まで行き渡らせ、更に髪の敵である成分までも抑える。
こうする事で少しでも髪の毛をしっかり守れるようになります。
他にもレバーや小豆と言った食べ物も効果があります。
小豆やワインに含まれるポリフェノールは血行を良くするので、毛根へ栄養素を運ぶという働きに大きく貢献します。
ワインを飲みながらピーナッツやアーモンドを食べるというのはかなり薄毛には良いという事です。
しっかりと薄毛対策が出来る食べ物を摂取し、無駄なく髪の毛が健康的になるようにする事で髪も増えて行く事でしょう。

 

薄毛対策はこちら
http://xn--eckp2gp02seuqohvejq.com/

更新履歴